金運

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

金運が良い人の顔ってどんな顔?神様に好かれる顔になるには?

金運が良い人の顔ってどんな顔?神様に好かれる顔になるには?

金運が良い人の顔ってどんな顔?神様に好かれる顔になるには?

金運があるのかないのかは、顔でも見ることができます。

神様に好かれる顔、好かれない顔があるようですよ。

必ず当たっているというわけではありませんが、参考までに知っておきたいですよね!

今回は金運が良い人の顔の特徴について、詳しくお話していきたいと思います。

耳たぶが大きい

耳たぶが大きい

耳たぶが大きい

耳たぶが大きいとお金持ちになれるというのは、よく聞きますよね。

それを福耳と良い、子供のころに耳を引っ張って伸ばすと良いとまで言われています。

耳たぶに厚みがありしっかりとしていて、垂れさがっている状態が理想です。

耳の穴が大きいとリーダー性もあるので、さらなる金運の高さがあるといえます。

額が広い

額が広い

額が広い

額が広い人は昔から、ありがたい恵みを受けられるといわれています。

額が広いだけでなく、丸みがあるのが理想です。

また、額は隠しているより見せていた方がより良いみたいですよ。

口が大きい

口が大きい

口が大きい

お金を使ってくれるお客様のことを「大口顧客」と言いますよね。

お金持ちは口が大きい方が多かったのでしょうか。

その名の通り、口が大きいとお金持ちになれると、昔から言われています。

肌の艶がある人

肌の艶がある人

肌の艶がある人

肌の艶が良い時は、金運が上昇しているときと言われています。

ただしこの場合、肌の艶の調子が良い時に何らかの行動をしていないと、効果は発揮できないそうです。

肌の艶がある+お金持ちになるための努力をしている、という場合に当てはまります。

団子鼻

団子鼻

団子鼻

鼻は大きいほど金運が良く、鼻の高さというよりは丸みがあり肉付がよいのが理想です。

逆に小鼻の方は、お金への欲はなく貯金ですら難しいといわれています。

顎が大きい

顎が大きい

顎が大きい

顎が大きい人は金運があるといわれています。

顎がしっかりとしているほど良く、あごがシュッと細ければ細いほど金運も徐々になくなってくるそうです。

まとめ

以上が金運の良い顔の特徴です。

あなたはいくつ当てはまりましたでしょうか?

中には当てはまらない方もいるかとは思いますが、参考程度にチェックしてみてくださいね。

ラッキーショップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

買った宝くじを抽選日までどこに置いていますか?それだけでくじ運が変わるかも!?

宝くじは購入してから当選結果が出るまでに時間がありますよね。   その間、みなさんはどこに宝くじを保管していますか?   宝くじをどこに置いておくかで、実はくじ運が変わってくるんです。   では、どこに置くのがよいのでしょうか。 続きを読む

びっくり!ホクロで金運が分かるって本当?

特に何か役割を果たすでもなく、顔や身体やあちこちにあるホクロ。   ホクロってなんであるんだろう、なんて思ったことありませんか?   考えてみると特に意味はないようにも思えちゃいますよね…   ですが、そんなホクロにもある意味があったんです。   それは、「続きを読む

風水の国、中国で人気の金運アップのグッズとは

日本にもたくさんの金運グッズはありますが、 やはり風水といえば中国が本場です。 そんな中国では金運アップのグッズもたくさんあります。 今回はその中で人気のグッズを4つご紹介いたします。 続きを読む

もうチャンスを逃さない!運気を高める開運日・吉日とは?

1年に数度訪れる開運日。 目の前にあるチャンスを見逃さず、有意義に過ごせているでしょうか? 特に何もせずに吉日を過ごしてしまっているならば、これからはラッキーデーを逃さないようチェックして、幸運を掴みましょう。 こちらではさまざまな運気に恵まれた開運日の種類と、それぞれの特徴についてお伝えしま…続きを読む

最新記事

noimage

2019年1月23日

【手相占い】宝くじが当たりやすい手相10選。○○線…続きを読む

noimage

2018年12月25日

日頃よりラッキーショップをご愛顧いただきありがとう…続きを読む

noimage

2018年7月23日

西に黄色のアイテムを置いても、イマイチ効果が実感で…続きを読む

noimage

2018年7月23日

【手相占い】宝くじが当たりやすい手相10選。○○線…続きを読む

noimage

2018年7月23日

古来中国では、風水は様々な場面で用いられ、政治や祀…続きを読む

ページ上部へ戻る ページの先頭へ戻る