金運

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

術後に当選した人もいる!?「手相整形」の効果とは

運命を変えられる可能性の1つとして、数年前から日本でも注目され始めた方法があることをご存知でしょうか。

 

それは、韓国で人気の手相整形です。

 

手相整形とは、財運線や結婚線などを変えることで、運命を変えたいと強く願う人が受けている整形です。驚くことに、術後に結婚が決まった人や、宝くじに当選したという人もいるようです。

 

果たして、手相整形の効果とはどのようなものなのでしょうか。

手相整形にかかる費用

手相整形にかかる費用

手相整形にかかる費用

整形と言えば、やはり多大なお金を使うというイメージが付きまとうものです。

 

医師によると、手相整形は難しくはないようですが、手相はまっすぐな線ではないため、故意に曲げなければならず、正しい方法で行う必要があるということです。

 

また、手の傷は再生能力が高いため、レーザーや普通のメスで手相を刻んでもすぐに癒合してしまい、はっきりとした跡を付けることができません。そこで、手相整形では電気メスを使う方法が一般的になっています。

 

1回の手術で5本から10本の線を入れることができ、手術時間は10分から15分程度で終了します。気になる費用は10万円が相場になっているようです。

 

術後しばらくは痺れが残るようですが、1か月程で違和感がなくなり、新たな線ができます

術後の効果

術後の効果

術後の効果

手相整形を受ける客層は占い好きや、強く運命を変えたいと願う30代男女が多く、男性は財運線や成功線を、女性は愛情線や結婚線を伸ばしたい人が多く見られます。

 

術後の効果には個人差がありますが、結婚線を変えたらすぐに結婚が決まったという女性や、財運線を伸ばしたら数百万円の宝くじに当選した人も少なくないようです。

 

また、豊臣秀吉にもあったとされる覇王線を作る人もいるようで、お笑い芸人「オリエンタルラジオ」の中田敦彦さんもその1人です。

 

手相整形をしたのはブレイクが去り、持たせてもらっていた番組なども全て終わってしまったどん底時代だったそうです。

 

そして、その翌年に相方の藤森慎吾さんが「チャラ男」でブレイクを果たし、中田さんも徐々に仕事が増えていき「オリエンタルラジオ」としても再ブレイクを果たしました。

 

手相を変えたい人や手相に満足できていない人も、一度手相整形を受けることで前向きな気持ちになることができるでしょう。

そして、自分でも驚くような運が巡ってくるかもしれません。

 

ラッキーショップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

豪華すぎる!金箔グッズで金運アップ☆

金運アップに役立つグッズは様々ですが、かなりの効果を期待できるのが金箔を使ったグッズ。   金箔は金そのもの。   かなり豪華ですよね!   そんな金箔グッズの中でも、最近注目されているグッズをいくつか紹介したいと思います! 続きを読む

食べることは、金運を鍛える開運行動なの?

何気なく毎日している食事。 実は、その食べること自体が金運を鍛え開運行動になっていると言われています。 一体どういう事なのか見ていきましょう。 続きを読む

金運がいい人がモテるのには理由があった!金運と恋愛運が同時に動く理由とは

金運がいい人はモテると言われていますが、それは決してお金を持っていそうな雰囲気を与えているから、というわけではないようです。   実は、金運と恋愛運は同時に動くと考えられているようです。   モテたい!と思っている人は、金運を上昇するように動くことで、おのずと恋愛運も上昇していき続きを読む

今流行のパワースポットで運気をアップしよう!

パワースポットとは、風水やスピリチュアルの言葉で言うところの「その場所に行くだけで大地の気が与えられ、特別な力をもたらす場所」のことです。 人間がパワースポットに行ってみて得られる効果としては、幸運に恵まれる、活力が湧く、癒しや安らぎを感じられる、などさまざまです。 今回は運気アップをもたらし、金続きを読む

最新記事

2020年1月1日

続きを読む

noimage

2019年1月23日

【手相占い】宝くじが当たりやすい手相10選。○○線…続きを読む

noimage

2018年12月25日

日頃よりラッキーショップをご愛顧いただきありがとう…続きを読む

noimage

2018年7月23日

西に黄色のアイテムを置いても、イマイチ効果が実感で…続きを読む

noimage

2018年7月23日

【手相占い】宝くじが当たりやすい手相10選。○○線…続きを読む

ページ上部へ戻る ページの先頭へ戻る