金運

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

金運のパワースポット!今話題の「銭形砂絵」

今、熱い注目を浴びている「銭形砂絵」をご存知ですか。

銭形砂絵を見た人は、金運が必ずアップするというパワースポットのことです。

これはどこにあるのか、なぜ金運が上がると言われるようになったのかを徹底リサーチしました!

銭形砂絵とは

銭形砂絵とは

銭形砂絵とは

銭形砂絵と聞くと耳慣れない感じがしますが、読んで名のごとく銭の形に似せて砂で作った制作物です。

この話題の砂絵は、香川県観音寺市にある琴弾公園内にあります。

どの銭を模して造られたかというと、「寛永通宝」と呼ばれる江戸時代の通貨がモデルです。

砂絵は1633年に当時、高松藩主だった生駒高俊公をおもてなしする一環として、一晩で作り上げられたというエピソードが残っています。

一晩で完成と言ってもサイズはとても大きく、縦122メートル×横90メートル、周囲は345メートルにもなる巨大な建造物です。

この公園は入場無料なので、誰でも見ることができるのがポイント

公園の山頂には展望台があり、そこからのぞくと砂絵は円形ですが実際は楕円形をしています。

しかし近くで見る限り大きすぎて全貌を見渡すことができないため、砂の山があるようにしか感じられません。

このため金運効果抜群の銭形砂絵の全貌を拝みたいなら、徒歩15分の距離にある展望台から眺めるのがおすすめですよ。

展望台からくっきり見えるのは、午後の2時過ぎがベストタイミング!

少し落ち着いた雰囲気の砂絵を拝みたい方は、夕方から22時までの間はライトアップされている期間もいいですよ。

なぜ金運アップが叫ばれるようになったのか

なぜ金運アップが叫ばれるようになったのか

なぜ金運アップが叫ばれるようになったのか

銭の形をしているので確かに金運アップに効きそうですが、どうしてここまで話題になったのでしょうか。

それは2013年にこの銭形砂絵がる観音寺市内で、宝くじの高額当選者が出たことからです。

昔からこの砂絵を見れば金運に不自由することがなくなるだけでなく、健康にもなれると言われてきました。

しかし宝くじで銭形砂絵の金運効果が証明されたことで、パワースポットとして人気が高まったようです。

当たると人気の宝くじ売り場は、観音寺駅から歩いて10分ほどの距離にある「観音寺チャンスセンター」。

銭形砂絵をみて金運体質になってから、観音寺チャンスセンターで強運の宝くじを購入するのもいいですよね。

あなたも銭形砂絵を見るために、香川県まで足をのばして金運を掴んでみませんか。

ラッキーショップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

身に付けて開運!ペンダントトップに込められた本当の意味とは

ペンダントトップとは、ネックレスやペンダントの先についている飾りのこと。   色んなモチーフで作られていますよね。   実は、それぞれのモチーフには意味が込められているんです。   さて、どんな意味があるんでしょうか?   一つひとつ見ていきましょう! 続きを読む

びっくり!ホクロで金運が分かるって本当?

特に何か役割を果たすでもなく、顔や身体やあちこちにあるホクロ。   ホクロってなんであるんだろう、なんて思ったことありませんか?   考えてみると特に意味はないようにも思えちゃいますよね…   ですが、そんなホクロにもある意味があったんです。   それは、「続きを読む

運が悪い時ほど厄落とし効果で宝くじは当たる?

当たる予感がしたからと思って宝くじを買っても、実際にはなかなか良い結果は出ないものです。 何とかして高額当選したいとき、どういった買い方をすべきなのでしょうか。 続きを読む

金運に効く!?ビジネスマンにおすすめのパワースポット神社~関東編~

何かと物入りの年末・年始。 ボーナスが支給される企業もありますが、 それでも「臨時収入があったらいいな…」という方もいるでしょう。 買い物やレジャーも良いですが、 とても忙しい年末だからこそ、たまにはゆっくりと、 パワースポットで過ごしてみてはいかがでしょうか? 今回は、ぜひ行ってほしい“金運に効続きを読む

最新記事

2021年11月24日

続きを読む

2020年10月9日

続きを読む

noimage

2019年1月23日

【手相占い】宝くじが当たりやすい手相10選。○○線…続きを読む

noimage

2018年12月25日

日頃よりラッキーショップをご愛顧いただきありがとう…続きを読む

noimage

2018年7月23日

西に黄色のアイテムを置いても、イマイチ効果が実感で…続きを読む

ページ上部へ戻る ページの先頭へ戻る