招き猫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

招き猫の置物はどこに置く?おすすめの置き場所や色別の相性の良い方角は?

日本では昔から、商売繁盛の守り神として親しまれてきた「招き猫」ですが、猫は昔から、農作物や蚕を食べてしまう荒らすネズミや鳥などを駆除してくれるとして、養蚕業では縁起のよい動物としても大切にされてきました。昔から人々の生活とともに歩んできた「猫」が、今でも人々の間で大切にされ、縁起物としても親しまれています。
今回はそんな猫の縁起物「招き猫」にスポットをあててみたいと思います。

招き猫の諸説

招き猫
招き猫の由来はさまざまな諸説ありますが、今回ご紹介させて頂くお話は、真言宗開祖の弘法大師「空海」の説をお話させて頂きたいと思います。

真言宗開祖の弘法大師「空海」が朝廷の命を受け讃岐の国(香川県)の灌漑工事に向かった際、資金難や人手不足という問題が起き、更に病人が出るなどして灌漑工事が上手く進まないということがありました。

そのような事態を改善させようと弘法大師が、近くの神社にこもり成功を祈願していたところ、山頂より一匹の猫が現れ、両方の前足を頭の上より高く上げ、しきりに人を招く仕種を繰り返したといいます。

その出来事の後、不思議なことに朝廷から多額の御下賜金が加算され、人夫たちの病も完治し難工事はたちまちのうちに完成したそうです。

このことから“猫”は幸運を招く動物として広まり「招き猫」が生まれたといわれています。

招き猫が招く「幸運」とは?

幸運の招き猫
縁起物の招き猫は、幸福を招くために挙げる手によって、その意味が少し変わります。
また、「商売繁盛」の縁起物として置かれている招き猫は、前足の右手を上げ「金運」を呼び込むといわれています。
前足の左手を上げている招き猫は「人やお客さん」を招くといわれており、自分が呼び込みたいものによりどちらかを選んで置きます。
ラッキーショップでは、両手を上げた招き猫「一粒万倍金運招き猫」が大人気で、「金運」と「人運」両方を呼び込縁起物として、人気が急上昇しています。
招き猫は、一般的には「三毛猫」の模様が多いですが、近年「白地にピンク」や「水色に白」「黄緑色に黄色」や「金色」など、それぞれの色によって「恋愛運」や「健康運」「金運」など、意味合いが変わります。
昔から、重要な意味を持つ色としては「黒色」の招き猫は「夜中でも目が見える」とされ、魔除けや幸運の福猫とされてきたといわれています。
また、疫病が流行っていた時代には「赤色」の招き猫は天然痘や麻疹が嫌う色といわれていたため、病除けの意味を持つといわれています。
さまざまなパワーを持つ招き猫ですが、より運気をアップさせるには家の中の置き場所や方角も重要になってきます。

招き猫を置くならどこがベスト?部屋の中で招き猫を置くオススメの場所

招き猫の置き場所は玄関
もしあなたが招き猫だったらどんな場所に置いてほしいですか?
もちろん「真っ暗な物置」「誰も来ない部屋」「汚れた部屋」などは嫌ですよね?
招き猫も居心地が良い場所に置くことでさまざまな運を招き、運気アップにつながります。
人がいるところを好むといわれていますので、玄関やリビングに置くと良いといわれています。
風水では、部屋や家に入ってくる気は全て玄関から入ってくるといわれているので、玄関に縁起の良い招き猫を置くというのは、とても効果的といわれています。
招き猫を玄関に置くことで、玄関にきた金運や幸運を家の中に招き入れてくれますが、招き猫を置く際は、人よりも高い位置に置くようにしましょう。
また、招き猫が玄関を常に見ているような角度で置くことで、玄関の外を通りがかった幸運も呼び寄せてくれるといわれています。

色で変わる!オススメの方角とその効果とは?

イロイロな色の招き猫
最近では、いろいろな色の招き猫があり、それぞれの色によっても運気アップの効果はさまざまです。
一般的な三毛猫の招き猫は玄関に置くことが多いですが、その他の色の招き猫は色によって運気がアップする方角が違うので、置く位置や方角が変わってきます。

・白、ピンク色の招き猫
恋愛運を招くといわれており北側に置くことで運気を招いてくれるといわれています。
・紫色の招き猫
紫色の招き猫は労力を上げるといわれており南の方角に置くと良いといわれています。
・黒色の招き猫
お金や病にまつわる困難な状況を好転させるといわれており南西の方角に置くと効果があるといわれています。
・金色、黄色の招き猫
金運を上げる「金色、黄色」は財を生み出す西の方角に置くようにしましょう。

また、リビングや寝室などに置く場合は、扉の方を向くように置くようにしましょう。

まとめ

昔から親しまれてきた招き猫は、その歴史は江戸時代から現在にいたるまで400年も続いており、日常生活に非常に近い存在の縁起物です。
最近では、招き猫の色やデザインもさまざまな種類が増え、可愛らしい招き猫が増えています。
その中でも本来の招き猫のご利益としては、「商売繁盛」や「金運」を招くといわれているため、招きたい運気の中でも「金運」は特におすすめです。
金運を呼び込むために、招き猫の上げている手や色にもこだわりってみましょう。
金色に輝く招き猫は特におすすめです。
また、招き猫の色によっては招いてくれる運気がそれぞれ違うので、置く方角や場所も変わってきます。
招き猫から多くの幸運を招き入れてみてはいかがでしょうか。

ラッキーショップの両手上げ金運招き猫を購入

ラッキーショップの招き猫は“両手上げ”!!
右手が大金運をつかみ、左手が両脚を呼ぶいわれています。
その他『金運招き猫』に隠された【7つの秘密】があなたに幸運を運んできます!!



ラッキーショップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

財布に入れるお札の入れ方は上下どっちが金運アップするの?

お財布にお札を入れる時に、お札の向きを上にする人と下にする人で分かれます。 はたしてどちらの方が縁起が良いのでしょうか? また、他に気にすべき点はないのでしょうか? ■お札を上向きに入れる派の意見 「上向き」とは、お札入れを開いて中を見た時に、お札に描かれている人物が逆立ちしていない状態…続きを読む

金運も人脈もどんどん招く!招き猫の由来や色の意味について

日本で定番の縁起物のひとつとなっているのが「招き猫」です。 最初の招き猫が作られたのは江戸時代だと言われ、自宅・お店・お寺といったように、さまざまなところに飾られてきました。 上げている腕の位置や体の色によって、招き猫が持つ意味は変わります。 目的に合った形の招き猫を置いて、運を招き寄せましょ…続きを読む

noimage

招き猫の置物はどこに置く?おすすめの置き場所や色別の相性の良い方角は?

日本では昔から、商売繁盛の守り神として親しまれてきた「招き猫」ですが、猫は昔から、農作物や蚕を食べてしまう荒らすネズミや鳥などを駆除してくれるとして、養蚕業では縁起のよい動物としても大切にされてきました。昔から人々の生活とともに歩んできた「猫」が、今でも人々の間で大切にされ、縁起物としても親しまれて…続きを読む

購入後1年たった置き物は買い替えるべき!?置き物を大切に扱うことで運気がグイグイ上がる!

1度買って置いたらついそのままにしがちな置き物。 しかし、気を付けないと邪気が溜まり、運気が逃げてしまいます。 心配事が増えたり、なんだか調子が悪かったりするときは、運気が下がりはじめているサインかもしれません! 今回はラッキーショップで取り扱っている、オススメの置き物をご紹介します。 …続きを読む

最新記事

2019年11月20日

続きを読む

noimage

2019年1月23日

【手相占い】宝くじが当たりやすい手相10選。○○線…続きを読む

noimage

2018年12月25日

日頃よりラッキーショップをご愛顧いただきありがとう…続きを読む

noimage

2018年7月23日

西に黄色のアイテムを置いても、イマイチ効果が実感で…続きを読む

noimage

2018年7月23日

【手相占い】宝くじが当たりやすい手相10選。○○線…続きを読む

ページ上部へ戻る ページの先頭へ戻る