招き猫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

購入後1年たった置き物は買い替えるべき!?置き物を大切に扱うことで運気がグイグイ上がる!

1度買って置いたらついそのままにしがちな置き物。
しかし、気を付けないと邪気が溜まり、運気が逃げてしまいます。

心配事が増えたり、なんだか調子が悪かったりするときは、運気が下がりはじめているサインかもしれません!
今回はラッキーショップで取り扱っている、オススメの置き物をご紹介します。

風水で「放置」は絶対NG!

pixta_21866734_M
風水では、修理や掃除といったお手入れをするべき物を放置している状態は、運気を落とす原因と考えられています。
中でも開運グッズは、1年ほど放置していると邪気を溜め込んでしまい、本来のパワーが発揮できなくなります。

お手入れするべきと気づいているのにやらない、手元に置いてから年月を経ているといった、「未完成」の状態の物を身の回りに置いていると、目に入るたびに「古いままだな」「お手入れしなくちゃ」と持ち主に意識させるので、エネルギー(運気)を奪い取ってしまいます。
さらに、「未完成」の状態の物を置いていることは、持ち主の行動に悪影響なだけでなく、古い運気も置きっぱなしにしてしまうことにもつながります。

新しい運気を入れ込むためには、古い物を処分することも大切です。
「そうは言っても、まだ使えそうで捨てられない・・・」という方は、リサイクルショップやオークションを利用するというのも一つの方法です。

他の人に使ってもらうことも、物に対して感謝の気持ちを伝えられる方法でもあります。
古い物を処分した後は新しい物を取り入れると、さらに運気アップにつながります。

ラッキーショップでは、運気アップにぴったりな置き物を多数取り揃えていますので、置き物を新しくしたいと思った方はぜひご覧ください!

人気ナンバーワン!両手を上げた「金運招き猫」


商品情報はこちら >> https://www.lucky-shop.jp/products/detail.php?product_id=151

縁起のある動物として、その可愛らしい見た目も相まって昔から愛され続けている猫。
猫を飼えない人や場所でも、そのご利益にあやかりたいという思いで作られたのが、招き猫です。

ラッキーショップでは、金色に輝く「金運招き猫」を取り扱っています。
また、この招き猫は両手が挙がっている珍しい招き猫です。

耳よりも高く挙がった右手は金運を、左手は人を招きます。
特に高く挙がった右手は、より遠くにある金運も掴むともいわれてるほどです。

左手はより多くのお客様を招く商売繁盛を意味するほかに、良好な人間関係も招いてくれます。
「金運招き猫」はポーズだけでなく、さまざまな開運のための秘密が隠されています。

首輪には病気や災いを避けてくれるひょうたん、首輪の結び目や鈴の字には、さまざまなご利益をもたらしてくれる二重結び。
右足の下には、招いた金運を貯めていく鍵つき億万両箱。

前かけには、猫と同じく金運や良縁をもたらすとされる鯉。そして、金運と幸運を呼び込む金色をまとった体。
可愛い手のひらサイズなので、ご自宅やお店の好きな場所に置けます。

愛情が運気を呼び込む!?「玄関用 金運だるま」


商品情報はこちら >> https://www.lucky-shop.jp/products/detail.php?product_id=18

受験合格や選挙の当選祈願としておなじみのだるま。
実は、万能ともいえる幅広い開運力を持っています。

特に最初から両目が描かれているだるまは、形が完成されていることで大きな開運力をもたらすので、「願い事を一つにしぼれない!」「いろいろな願い事をしたい!」という人にもぴったりです。
「玄関用 金運だるま」はそんな声に応えられるように、最初から両目が入れられています。さらに、綺麗な丸い形は持ち主にポジティブなイメージを与え、金運を呼び込みます。

一般的なだるまは赤色ですが、「玄関用 金運だるま」は「金を呼ぶ」といわれる金色です。玄関に置くことで、どんどん金運を呼んでくれます。
「玄関用 金運だるま」を購入されたお客様からは、「名前をつけて呼んでいる」「出かける前に挨拶をする」「毎日ぴかぴかにお手入れして、頭をなでている」といった声を多くいただいています。

ただの置き物ではなく、家族のようにだるまをかわいがっている方々に、幸運は訪れるのではないでしょうか。

かわいい顔が福を呼ぶ!「金運福来」


商品情報はこちら >> https://www.lucky-shop.jp/products/detail.php?product_id=19

ふくろうはぐるりと首が回ることから、借金で「首が回らない」のを防いだり、暗闇でも獲物を捕らえることから、福を招くことにかけて、縁起物としても人気があります。
当て字のひとつである「福来」は福がやってくる、という意味も込められています。

「金運福来」も、持ち主に福を運ぶようにという願いが込められた商品です。
全身が金色に輝くふくろうは、金運を探す大きな目、金運を逃さず掴み、持ち主に届ける山吹色の翼、金運パワーを象徴する金運小判を持っています。

さらに、座っている台座も森羅万象の形とされる正八角形と赤色になり、金運アップのためのあらゆる秘密が込められた置き物です。
どこにでも置ける手のひらサイズのふくろうは、特に人の集まる居間やリビングに飾ることで、家の雰囲気が明るくなるように作られています。

さらに、ふくろうと相性のいい西側に飾ることで、より大きな開運効果も期待できます。

まとめ:置き物を新調して、新鮮な運気を取り入れよう!

開運グッズも放置していたり、悪い運気が溜まったまま置いていると効果は発揮できません。
こまめなお手入れや定期的な買い替えが、新鮮な運気を呼び込みます。

いつでも良い運気が流れ込むよう、置き物を見直してみてはいかがでしょうか。

ラッキーショップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

金運も人脈もどんどん招く!招き猫の由来や色の意味について

日本で定番の縁起物のひとつとなっているのが「招き猫」です。 最初の招き猫が作られたのは江戸時代だと言われ、自宅・お店・お寺といったように、さまざまなところに飾られてきました。 上げている腕の位置や体の色によって、招き猫が持つ意味は変わります。 目的に合った形の招き猫を置いて、運を招き寄せましょ…続きを読む

財布に入れるお札の入れ方は上下どっちが金運アップするの?

お財布にお札を入れる時に、お札の向きを上にする人と下にする人で分かれます。 はたしてどちらの方が縁起が良いのでしょうか? また、他に気にすべき点はないのでしょうか? ■お札を上向きに入れる派の意見 「上向き」とは、お札入れを開いて中を見た時に、お札に描かれている人物が逆立ちしていない状態…続きを読む

noimage

招き猫の置物はどこに置く?おすすめの置き場所や色別の相性の良い方角は?

日本では昔から、商売繁盛の守り神として親しまれてきた「招き猫」ですが、猫は昔から、農作物や蚕を食べてしまう荒らすネズミや鳥などを駆除してくれるとして、養蚕業では縁起のよい動物としても大切にされてきました。昔から人々の生活とともに歩んできた「猫」が、今でも人々の間で大切にされ、縁起物としても親しまれて…続きを読む

招き猫の開運パワーが増大!一緒に持っておきたいオススメアイテム5選

開運アイテムとして定番の招き猫。 古今問わず開運招福や千客万来、商売繁盛をもたらす縁起の良い置物として、多くの人々に愛用されてきました。 右手を上げた招き猫には金運や幸運を招くご利益、左手を上げた招き猫には、お客さんを招く千客万来のご利益があるといわれサイズやデザインのバリエーションも豊富です。…続きを読む

最新記事

2020年1月1日

続きを読む

noimage

2019年1月23日

【手相占い】宝くじが当たりやすい手相10選。○○線…続きを読む

noimage

2018年12月25日

日頃よりラッキーショップをご愛顧いただきありがとう…続きを読む

noimage

2018年7月23日

西に黄色のアイテムを置いても、イマイチ効果が実感で…続きを読む

noimage

2018年7月23日

【手相占い】宝くじが当たりやすい手相10選。○○線…続きを読む

ページ上部へ戻る ページの先頭へ戻る