開運

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

お守りはお互いに反発し合う!?パワーが強いもの同士は一緒にすると逆効果になる!?

お守りはお互いに反発し合う!?パワーが強いもの同士は一緒にすると逆効果になる!?

お守りはお互いに反発し合う!?パワーが強いもの同士は一緒にすると逆効果になる!?

お守り一つひとつには神様のパワーが宿っています。

 

神様のパワーってかなり強力ですよね?

 

そんな強いパワーをそれぞれ持っているお守りを、複数持っていても大丈夫なんでしょうか?

 

反発し合って、逆効果をもたらしたりしないでしょうか?

お守りの持ち方

お守りの持ち方

お守りの持ち方

実を言うと、お守りを複数持つことは悪いことではないんです!

 

「神様同士が喧嘩してしまう」なんてことが言われますが、神様はそこまで低レベルではないというわけです。

 

相反するご利益を持つお守りを同時に持っていなければ問題ありません。

 

また、お守りは常に身につけていないと効果を発揮しません。

 

つまり複数のお守りからご利益を受けたい場合、そのお守り全てを身につけていないといけないということになります。

 

そしてお守りを粗雑に扱うことはもちろん、良くないことです。

 

あまり数が増えると、単純に管理が大変ですよね?

 

一つひとつを丁寧に扱う気持ちも薄れてしまいがち…

 

自分が管理しやすい数に保つよう、気をつける必要がありますね。

 

もう一つ、お守りを持つ上で忘れてはならないことがあります。

 

それは、感謝の気持ちです。

 

そんなこと?と思われるかもしれませんが、非常に重要なことです。

 

持っていればご利益を受けられる、なんて軽く考えていてはいけません。

 

お守りとはつまり、神様が守ってくださるということ。

 

守ってくださる神様に対して感謝の気持ちを抱くことは、当然のことですよね。

 

ぞんざいな扱いをする人神様のご加護を受けられるはずはないのです。

 

神様へ日々感謝の気持ちを抱くこと、これを忘れないようにしましょう。

まとめ

まとめ

まとめ

お守りが互いに反発し合うことはないようですが、お守りにおいて大切なことは数ではありません。

 

お守りに対する感謝の気持ち、これがなくてはいくら数を持っても意味を成さないのです。

 

この気持ちを忘れずにお守りを持ち歩くようにしましょう。

ラッキーショップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

紙に書くことで願いが叶い、目標が達成される!?

あなたの「願いごと」は何ですか?答えがあっても、心の中で願っているだけでは、なかなか実現しません。   では、何をすればよいのか?答えはとてもシンプル。紙に願いを書き出してみましょう。紙に書き出すだけで、あなたの願いごとはグッと現実味を帯びてきます。   今回は「願いを紙に書き続きを読む

人相で開運アップ!福を呼ぶ顔ってどんな顔?

なんだか縁起が良さそうというか、一緒にいると和やかな気持ちになる顔ってありますよね。   福顔もそういった人相の一つ。   では、どんな特徴をもった顔が福顔と言われているのでしょうか? 続きを読む

術後に当選した人もいる!?「手相整形」の効果とは

運命を変えられる可能性の1つとして、数年前から日本でも注目され始めた方法があることをご存知でしょうか。   それは、韓国で人気の手相整形です。   手相整形とは、財運線や結婚線などを変えることで、運命を変えたいと強く願う人が受けている整形です。驚くことに、術後に結婚が決まった人や続きを読む

試す価値あり?宝くじ当選を願う人にオススメの待ち受けとは

「2016年こそは金運を上げたい!」そう思っている皆さん、 金運アップのために何か意識してやっていることはありますか? 簡単に金運を上げる方法があったらぜひ試してみたいですよね! 今回は、そんな皆さんに、手軽に金運を上げられるよう、オススメの待受をご紹介します。 続きを読む

最新記事

noimage

2019年1月23日

【手相占い】宝くじが当たりやすい手相10選。○○線…続きを読む

noimage

2018年12月25日

日頃よりラッキーショップをご愛顧いただきありがとう…続きを読む

noimage

2018年7月23日

西に黄色のアイテムを置いても、イマイチ効果が実感で…続きを読む

noimage

2018年7月23日

【手相占い】宝くじが当たりやすい手相10選。○○線…続きを読む

noimage

2018年7月23日

古来中国では、風水は様々な場面で用いられ、政治や祀…続きを読む

ページ上部へ戻る ページの先頭へ戻る